ペガサスVS滋賀 あすから決勝R BCリーグ・プレーオフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグのプレーオフ決勝ラウンド(3戦先勝)が26日、滋賀県彦根市のオセアンBCスタジアム彦根で開幕し、中地区の群馬ダイヤモンドペガサスが西地区のオセアン滋賀ブラックスと戦う。第2戦(27日)まではビジター、以降3戦(10月1、2、4日)はホームの群馬県の高崎城南球場で行われる。3年ぶり5度目のリーグ制覇へ王手をかけてホームに戻りたい。

 ペガサスは先発投手の出来が勝利の鍵を握る。リリーフ陣の「勝利の方程式」は固まっている。準決勝ラウンドは今季チーム最多の10勝を挙げた左腕青柳正輝(伊勢崎清明高出身)の登板がなく、満を持してマウンドに上がるか。73打点で打点王の3番速水隆成(桐生第一高出身)を筆頭に打線は強力だ。
(越谷奈都美)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事