ペガサスV王手 滋賀に9-4逆転 BCリーグプレーオフ決勝R
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
群馬-滋賀 7回裏群馬2死一、二塁、速水が有間、鹿沼をかえす逆転二塁打を放つ。捕手太田=高崎城南

 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグのプレーオフ決勝ラウンド(3戦先勝)第3戦は2日、高崎城南球場で行われ、群馬ダイヤモンドペガサスは9-4で滋賀に逆転勝ちした。対戦成績を2勝1敗とし、3年ぶり5度目のリーグ制覇に王手をかけた。第4戦は4日午後1時から同球場で行われる。

▽決勝第3戦(群馬2勝1敗)

オセアン滋賀ブラックス
(西地区)
002200000―4
00011034×―9
群馬ダイヤモンドペガサス
(中地区)

▽勝 井口
▽敗 吉村
▽本塁打 池田2(滋)中道1(群)

 ○…群馬は終盤の猛攻で滋賀を下した。2点を追う七回2死一、二塁から鹿沼の右前適時打と速水の2点二塁打で逆転。八回は中道の左越えソロを皮切りに高山、鹿沼の適時二塁打で計4得点してリードを広げた。

 先発井口は粘って七回を投げ切り、以降は荻野、田代が封じた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事