ペガサス 分ける BCリーグ 前橋で栃木と開幕戦 2400人熱狂
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホームラン競争でカラバイヨの3連続弾に歓声を上げる観客
豪快なスイングを見せる栃木の村田=上毛新聞敷島
ペガサスの選手に声援を送るファン

 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグが7日、各地で開幕した。2年ぶりの独立リーグ日本一を目指す群馬ダイヤモンドペガサスは前橋市の上毛新聞敷島球場で栃木ゴールデンブレーブスと対戦し、7―7で引き分けた。

 試合前には、群馬の主砲カラバイヨと今季日本野球機構(NPB)の巨人から栃木に入団した村田修一のホームラン競争が行われた。カラバイヨが3球連続でスタンドに打ち込むと、観客席から大きな歓声が上がった。

 ◆群馬-栃木1回戦(7日・1分け、13時1分、上毛新聞敷島、2428人)

 栃木ゴールデンブレーブス
  011 100 013―7
  310 200 100―7
 群馬ダイヤモンドペガサス
 (九回規定により引き分け)

 ▽本塁打 カラバイヨ1号(3)、藤井1号(2)(以上群)山崎1号(1)、八木1号(3)(以上栃)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事