ペガサス 逆転で4連勝 土壇場で底力
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
群馬―武蔵 9回裏群馬2死二、三塁、速水が青木をかえすサヨナラの右前打を放つ=上毛新聞敷島

 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスは16日、群馬県前橋市の上毛新聞敷島球場で武蔵と対戦し、9―8でサヨナラ勝ちした。4連勝で通算成績は11勝6敗1分け、東地区首位。次戦は17日、同球場で武蔵との3連戦の2戦目に挑む。

  ◆群馬-武蔵4回戦(16日・群馬3勝1敗、13時、上毛新聞敷島、213人)
 武蔵ヒートベアーズ
  000 106 010―8
  104 000 022x―9
 群馬ダイヤモンドペガサス
 ▽勝 ヘルメン5試合1勝1S
 ▽敗 戸谷11試合2敗3S
 ▽本塁打 速水5号(4)(群)関口6号(1)(武)


 ○…群馬が終盤に底力を見せてサヨナラ勝ち。1点を追う九回、1死満塁から井野口の右犠飛で同点とし、続く速水が右前打で勝負を決めた。速水は三回に満塁本塁打を放つなど5打点の活躍だった。
 先発南は六回途中まで投げて7失点と振るわなかったが、継投した4人の投手陣が踏ん張った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事