ペガサス 首位を奪首 カラバイヨ大爆発8打点 BCリーグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
群馬―福島 6回裏群馬1死、一塁、この日3本目となる2点本塁打を放ったカラバイヨ(右)=高崎城南

 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスは8日、高崎城南球場で東地区首位の福島との直接対決に臨み、11―6で勝利して首位を奪取した。2位福島とは0.5ゲーム差で残り6試合となり、2年連続の前期優勝へ一歩近づいた。9日は同球場で栃木と対戦する。

  ◆群馬-福島6回戦(8日・3勝3敗、13時1分、高崎城南、264人)

 福島ホープス
  022 100 100―6
  440 102 00×―11
 群馬ダイヤモンドペガサス
 ▽勝 トーレス10試合6勝3敗
 ▽敗 竹脇10試合1勝2敗
 ▽本塁打 カラバイヨ11号(3)、12号(3)、13号(2)、速水7号(1)(以上群)高橋祥2号(2)(島)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事