《BCリーグ》ペガサスM3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグで東地区首位の群馬ダイヤモンドペガサスは16日、埼玉・熊谷さくら運動公園野球場で同地区4位の武蔵と対戦し、17―3で快勝した。通算成績は18勝11敗3分け。同地区2位の福島が栃木に勝ったため、ゲーム差は0・5のままだが、マジックは一つ減って3。ペガサスの優勝決定は最短で20日、高崎城南球場で行う栃木とのホーム戦となる。

◆武蔵-群馬8回戦(16日・群馬6勝2敗、15時、熊谷運動公園、265人)

群馬ダイヤモンドペガサス
012066020―17
003000000―3
武蔵ヒートベアーズ
▽勝 田代3試合1勝
▽敗 中島10試合1勝5敗
▽本塁打 藤井2号③(群)
で被安打5、3失点に抑えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事