青木・井野口・カラバイヨ 祝砲3発 ペガサス 前後期3連覇《BCリーグ》

 マジック1が点灯していた野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスは6日、新潟・村上市荒川球場で行われた新潟戦で10―1と大勝し、3年連続で東地区前後期優勝を果たした。後期は4試合を残し、7日は高崎城南球場で2位福島と対戦する。15日から全3戦のプレーオフ、同地区チャンピオンシップ(CS)が始まり、通期勝率2位の福島と地区王座を争う。

 新潟-群馬8回戦(6日・群馬7勝1敗、13時、村上市荒川、145人)

群馬ダイヤモンドペガサス
 200 035 000―10
 100 000 000―1
新潟アルビレックスBC

▽勝 柿田16試合5勝2敗
▽敗 筑間24試合8勝6敗
▽本塁打 青木2号①、井野口21号②、カラバイヨ23号④(以上群)

関連記事
スポーツ > 群馬ダイヤモンドペガサスの記事