ダイヤモンドペガサス 2度目の独立リーグ日本一 強力打線爆発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
逆転で香川を下し、日本一を喜ぶダイヤモンドペガサスナイン=前橋市民球場
ダイヤモンドペガサスの日本一を祝う応援団=14日、前橋市民球場
群馬―香川 6回裏群馬1死一、二塁、富田が藤井、井野口をかえす逆転3ランを放つ=前橋市民

 野球の独立リーグ日本一を決めるグランドチャンピオンシップ(GCS、3戦先勝)の第4戦が14日、前橋市民球場で行われ、ルートインBCリーグを制した群馬ダイヤモンドペガサスは、四国アイランドリーグplus王者の香川オリーブガイナーズを4―2で破り、2016年以来2度目の日本一に輝いた。GCSの最優秀選手には群馬のトーレス投手が選ばれた。

 群馬が一発攻勢で大一番を制した。1点を追う四回、井野口祐介(桐生商高出身)のソロで同点に追いつくと、再びリードされた六回は富田光孝(農大二高出身)の3ランで逆転した。先発トーレスが9回2失点の粘投で、最後までマウンドを守り抜いた。

 トーレスが最後の打者を三振に仕留めると、ベンチから選手たちが飛び出し、マウンド上に歓喜の輪が広がった。観客席からは、日本一を祝うテープが投げ込まれ、前橋の夜空にペガサスコールが響いた。

 昨季は東地区で前後期優勝を果たしながらも、BCリーグチャンピオンシップで信濃に敗れた。王座奪還を目指し「全力」を合言葉に始動した今季は、カラバイヨ、井野口を軸にした超強力打線が大爆発。速水隆成(桐生第一高出身)や富田ら若手の台頭も著しく、チームは打率、打点、本塁打でリーグトップと圧倒的な破壊力を見せつけた。

 投手陣はリーグ最多15勝を挙げたトーレスを始め、12勝のセンテノ、後期だけで4勝を挙げた柿田兼章(桐生商高出身)などが安定して力を発揮。失点はリーグ最少で、防御率でもトップの成績を残した。

 群馬は、BCリーグ東地区を3年連続の前後期完全優勝。プレーオフでは福井を3勝1敗、香川を3勝1分けで下し、破竹の勢いでリーグ14チームの頂点に駆け上がった。

「最高の形に」平野謙監督の話

 ポストシーズンはプレッシャーもあったが、最高の形で終えられて、ほっとしている。選手たちにはこの経験を自信にして今後も頑張ってほしい。来年は新しい選手たちが入り、新たなチャレンジが始まる。また一から頑張りたい。

「県民に感動」大沢正明知事の話

 2度目となる栄冠は日頃の厳しい練習の末に勝ち取った輝かしいものであり、県民に勇気と感動を与えてくれた。この快挙を励みに、今後も県民球団としての活躍を期待する。

《戦評》

 2年ぶりのチャンピオンフラッグを高らかに掲げた。14日に前橋市民球場で行われた野球の独立リーグ日本一を決めるグランドチャンピオンシップ(GCS、3戦先勝)第4戦は、2勝1分けで王手をかけていた群馬ダイヤモンドペガサスが香川に4―2で快勝し、2度目の独立リーグ制覇を成し遂げた。

  ◆グランドチャンピオンシップ第4戦(14日・群馬3勝1分け、18時、前橋市民、487人)
 香川オリーブガイナーズ(四国IL)
  010 010 000―2
  000 103 00×―4
 群馬ダイヤモンドペガサス(BCL)
 ▽勝 トーレス2試合2勝
 ▽敗 石田2試合1敗
 ▽本塁打 三好1号(1)(香)井野口1号(1)、富田1号(3)(以上群)


 ○…群馬が一発攻勢で逆転勝ちした。

 1点を追う四回に、井野口のソロで同点。再び1点のリードを許した六回は、藤井の四球と井野口の内野安打で1死一、二塁の好機をつくると、富田が左翼線に3ランを放ち逆転した。先発のトーレスは、15奪三振の力投で2失点完投。最終九回に2死一、二塁のピンチを迎えたが、最後は3球三振で締めた。

◎富田 殊勲の一発「狙い通り」

 “日本一のナイン”たちの手によって平野謙監督が3度宙に舞うと、球場が大きく揺れた。「投手が粘って、野手がそれに応える」。平野監督がこの1年間、目指してきたペガサスの野球で大一番を制し、2度目の日本一の称号を手にした。

 今季15勝と大車輪の活躍のトーレスが、162球の熱投で優勝への懸け橋を築いた。「絶対に勝って終わりたかった。初回から全力で投げた」。15奪三振の力投でマウンドを守り抜いた。

 ゲームセットの瞬間大きく両手を突き上げ、歓喜の輪に包まれたエースは「毎試合の積み重ねが日本一につながった。良いチームに巡り会えた」と、白い歯をのぞかせた。

 力投するエースに、打線が豪快なアーチで応えた。1点を追う四回は、このシリーズでわずか2安打と不調だった井野口祐介が右翼スタンドへ同点ソロ。今季快進撃の立役者は「プレーオフは簡単にはいかなかったが、何とか勝ててほっとしている」と息をついた。

 仕上げは六回1死一、二塁で、富田光孝が逆転の一打。外角高めにきた直球を「狙い通り」左翼線に突き刺した。ダイヤモンドを一周しナインに祝福を受けた殊勲者は「最高の一日になった」と笑顔がはじけた。

 「このメンバーで日本一になれてうれしい。チームメートを信じて良かった」と藤井一輝主将。日本一までの道のりは簡単でなかったが、1年間で大きく成長したペガサスが天高く駆けた。(桜井俊大)

◎拍手や歓声 駆け付けた観客も喜び爆発

 野球の独立リーグ日本一を決めるグランドチャンピオンシップ第4戦で、群馬ダイヤモンドペガサスが優勝を飾った14日。2年ぶりの全国制覇に、前橋市民球場に駆け付けた観客は大きな拍手と歓声で喜びを分かち合った。

 先発出場した速水隆成捕手(桐生第一高出身)の母、瑞枝さん(52)=高崎市=は「納得のいくリードをしてほしい」と期待した。

 二回に1点を失うも、四回に井野口祐介外野手(桐生商高出身)が右翼へ同点本塁打を放った。母の文子さん(57)=桐生市=には前日、本人から「大丈夫。打つから」とメールがあった。文子さんは「打てて安心。1本でも2本でもホームランを見せてほしい」と目尻を下げた。

 五回に再びリードされたが、ファンは巻き返しを信じた。球団発足時から応援する和田富美子さん(75)=藤岡市=は「少し緊張しているのかも。頑張って」と話し、埼玉・新座東北小2年の小川佳音さんは「勝てる。いっぱい打ってほしい」とエールを送った。

 六回に富田光孝内野手(農大二高出身)の3点本塁打で逆転すると、応援席のボルテージは最高潮に達した。喜びを爆発させた形野キミ子さん(70)=渋川市=は「いい場面で打てた。もう最高」と興奮気味に語った。最後のアウトで勝利をつかんだ瞬間、ファンは紙テープをグラウンドに投げて祝福した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事