ザスパ 惜しくも2度のリード守れず 守備で相手に素早く重圧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ザスパクサツ群馬―秋田 後半8分、2点目のゴールを奪い、喜びを爆発させるザスパのFW青木翔=正田醤油スタジアム群馬
ザスパクサツ群馬―秋田 後半、ボールを保持するザスパのMF飯野=正田醤油スタジアム群馬

 J3ザスパクサツ群馬は10日に前橋市の正田醤油スタジアム群馬で行った秋田との開幕戦を、2―2で引き分けた。チームは序盤から相手ゴールに何度も迫り、エースFW青木翔大が2ゴールを奪取。守備陣も素早く相手に重圧をかけたが、2度のリードを守り切れず、次節に課題も残った。

  ▽第1節(1)正田醤油スタジアム群馬
 ザスパ1分け(1) 2(1―1)2 秋田1分け(1)
            (1―1)
 ▽得点者【ザ】青木翔2(2)【秋】北脇(PK)(1)藤沼(1)
 ▽観衆 3691人


 ザスパは序盤から主導権を握ったが、勝ちきれなかった。前半40分、MF飯野が右サイドを突破し、中央へ折り返し。飛び込んだFW青木翔が頭で合わせて今季チーム初得点を奪ったが、5分後、PKで同点に追い付かれた。後半8分は相手ゴール前でのこぼれ球に青木翔が右足を振り抜いてゴール。だが、後半30分に自陣で球を失い、同点とされた。ザスパは猛攻を仕掛けたが、相手の堅守を崩せなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事