ザスパGM辞任の菅原宏氏 「プロ意識が不足」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
報道陣の質問に答える前ザスパGMの菅原氏=前橋市内

 リーグ最下位22位が確定し、J3降格の可能性があるサッカーJ2ザスパクサツ群馬のゼネラルマネジャー(GM)を辞任した菅原宏氏(54)が6日、前橋市内で報道陣の取材に応じた。5日の辞任発表を受け今季の課題を述べるとともに、低迷の理由に「失点の多さ」を第一に挙げた。さまざまなチャレンジを試みたとしながらも、「プロ意識が足らなかった」などと反省の言葉を口にした。

◎「責任痛感している」
-今季低迷の要因は。
 数字でいえば、失点の多さ。森下(仁志)監督と相談してコーチ陣のてこ入れを3度、考えた。J1、J2で経験が豊富な指導者をリストアップもしたが、僕と同じで、監督も始まった段階の選手、スタッフ全員でいきたいということなった。そこ(てこ入れをしなかったこと)が原因というわけではないが、僕の中ではチーム全体のディフェンス力と思う。

 あとは資金力。ある程度のお金がなければ“設備投資”はできない。(就任)1年目に1億2000万円を集めた頃から都丸(晃)社長と膝をつき合わせて、いろいろなチャレンジをしたが駄目だった。2年半(営業に)歩いてみたが、「クサツ」の名前で前橋をはじめ、高崎、伊勢崎、太田で新規(スポンサー)開拓をするのは難しかった。現場というより、会社としての力も足らなかった。

-自身の責任は。
 プロ意識が足らなかったと思う。責任は痛感している。サッカーが好きなファン、ザスパが好きなファン、株主もたくさんいる。言葉だけと思われるかもしれないが、僕の力がなかったことを反省している。

-今季スタジアムに来たのは2月の開幕戦、アウェー長崎戦のみ。
 5月と6月に行けそうな日があったが、実は5月は体調を崩して入院してしまい、外出できなかった。日本サッカー協会や日本クラブユースサッカー連盟、県サッカー協会の仕事などが重なって行けなかったことも多々あった。

-選手の査定をする仕事があったのでは。
 それは監督やコーチ、選手の話を聞けば済む話。僕は森下を信用しているし、エルシオ(コーチ)も信用している。チーム内の事情をちゃんと聴いていたし、プレーは(インターネットの動画配信で)どこでも見られる。森下から悪い内容のゲームの後に電話をもらえば次の日の朝に必ず会っていた。試合は絶対に見たし、いろいろな話をしていた。

-GMを辞めようと思ったことは。
 4月に体調不良で検査を受け、主治医から血液の数値がひどいことになっていると指摘を受けた。ストレスが原因と言われ、その時に1度は辞任を考えた。(残留争いをしていた讃岐、山口に敗れ)成績が低迷した8月にも思ったが、チームの体制を考えたら「辞める」と言えなかった。

-同じ時期にサポーターからカンファレンス(フロントとの話し合い)を要望する声が上がったが、実現しなかった。
 建設的な話ができないのなら必要はないと思った。それには10人程度、多くて15人くらいがいいと考えた。集中して話がしたかったが、提案は受け入れられなかった。大人数なら開催するつもりはなかった。

-代表を務めるtonan前橋への選手移籍にも批判が集まった。
 選手は試合に出ないと駄目。だが(草津町に拠点を置くセカンドチームの)ザスパ草津チャレンジャーズに2時間かけて選手を通わせる勇気はなかった。(契約解除になった選手も含め)アマチュア契約の選手には「試合に出られないのなら関東リーグで試合をした方がいい。それが嫌なら最初に言ってほしい」と伝えていた。移籍する際にも確認している。

-今季は40人近い体制でスタートした。
 それはお金の問題もあった。プロ契約できるのは数人。大卒のアマチュア選手を1人でも多く取って、鍛えてやっていくしかないと思っていた。来年もそうするつもりだった。移籍も育成を1番に考えてのこと。(tonanからザスパに移籍した大卒ルーキーのMF)吉田(直矢)はうまくいった。

-近年は若手の有望株の流出が相次いだ。
 僕は1年でも多く残ってほしいが、「残る」のは選手が決めること。「残ってくれ」というのはチームの仕事だが、僕に魅力があるから残る選手はいない。監督の魅力の問題でもあると思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事