《天皇杯》ザスパあと一歩 J2大宮に惜敗 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大宮―ザスパクサツ群馬 延長後半、同点ゴールを決めたザスパのDF福田(中央)が相手ゴール前で競り合う=NACK5スタジアム大宮

 サッカーの第99回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第3日は3日、J1、J2勢が登場して、さいたま市のNACK5スタジアム大宮などで2回戦29試合を行い、本県代表でJ3のザスパクサツ群馬は大宮(J2)と対戦し、延長の末、1―2で惜敗した。

▽天皇杯2回戦




大宮(J2) 21―01 ザスパクサツ群馬
0―1
延長
    0―0  
1―0
▽得点者【宮】大前、高山【ザ】福田

 ザスパは前半10分にミスから失点。その後はFW岩田がGKと1対1になるなど何度も決定機を迎えたが決めきれず、0―1で折り返した。

 後半26分、左CKにDF福田が頭で合わせて追い付いた。逆転へ攻勢を強めたが決め手を欠き、延長に突入。延長後半13分にセットプレーの2次攻撃から失点し、力尽きた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事