ザスパ3年ぶりJ2戦も新潟に0-3 開幕勝利で飾れず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ザスパクサツ群馬―新潟 ゴール裏に陣取ったサポーターから大声援を受けプレーするザスパイレブン=正田醤油スタジアム群馬
ザスパクサツ群馬―新潟 前半、相手と競り合うザスパのFW進(左)=正田醤油スタジアム群馬

 サッカー明治安田J2は23日、前橋市の正田醤油スタジアム群馬などで第1節を行って開幕した。3年ぶりのJ2となったザスパクサツ群馬は新潟と対戦し、0―3で敗れて復帰戦を勝利で飾れなかった。スタジアムには観客動員数で過去3位となる1万1038人が詰め掛け、選手に熱い声援を送った。

▽第1節(1)正田醤油スタジアム群馬

新潟1勝 (3)3(0―0)0 (0)ザスパ1敗 
             (3―0)


 ザスパは前半、MF田中稔也選手(沼田市出身)がミドルシュートを放つなど積極的な姿勢を見せた。後半はDF渡辺広大主将を中心に手堅い守備で相手の猛攻をしのいだが、連係ミスから37分に失点。その後、立て続けに2点を失った。

 ザスパは昨季J3で2位に入り、J2へ自動昇格。今季はクラブ創設時に選手兼任監督として活躍した奥野僚右監督を新たな指揮官に迎えた。自在に攻撃を仕掛けるスタイルを目指し、FW大前元紀選手ら技術に優れた選手を複数獲得。目標に「16位、勝ち点50」を掲げている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事