《ザスパ 総力戦のキーマン》周囲生かす配球持ち味 MF中山雄登
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中盤で周囲を生かすMF中山

 プロ入り後6季プレーした熊本から、新たな挑戦の舞台としてザスパを選んだ。配球に優れ、「(周りで)走ってくれる選手をうまく生かすことが特長」。サイドハーフやインサイドハーフ、ボランチなどをこなす中盤の万能選手として存在感を発揮する。

 広島ユース育ちで流通経大から熊本に加入し、J2で140試合に出場した。J3に降格した昨季は31試合に出場して1得点。同い年で、今季一緒にザスパに移ったDF高瀬優孝と左サイドで抜群の連係を見せ、ザスパと激しい昇格争いを演じた。

 なかやま・ゆうと 1991年4月生まれ。流通経大―熊本。163センチ、56キロ。背番号41。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事