《コロナと向き合う (11)》休校を機に表現練習を NPO法人ぐんま子どもセーフネット活動委員会理事長・飯塚秀伯さん
 学校の休校が長期化する中、子どもがインターネットやスマートフォンと向き合...
 
《コロナと向き合う (10)》中長期目線で再開準備 ザスパ社長・奈良知彦さん
 新型コロナウイルスの感染拡大でプロスポーツチームも打撃を受けている。リー...
 
《コロナと向き合う (9)》基盤弱い団体 支援を 高崎芸術劇場芸術監督・大友直人さん
 新型コロナウイルスの感染拡大により、音楽界は公演の中止や延期が相次ぎ、音...
 
《コロナと向き合う (8)》弱者目線 支援迅速に 群馬弁護士会長・久保田寿栄さん
 新型コロナウイルス感染拡大で雇い止めや収入減などが広がり、国民生活に甚大...
 
《コロナと向き合う (7)》食の安定供給へ努力 JA群馬中央会各連合会長・大沢憲一さん
 新型コロナウイルス感染拡大は農畜産物にも影響を及ぼしている。JA群馬中央...
 
《コロナと向き合う (6)》雇用流動 検討も必要 連合群馬会長・佐藤英夫さん
 新型コロナウイルス感染症拡大により、労働者は収入減や健康面の不安を抱えな...
 
《コロナと向き合う (5)》苦境の人へ情報早く NPO法人「結いの家」理事長・尾崎多美子さん
 新型コロナウイルスの感染拡大で、雇い止めや収入減などが広がり、国民生活は...
 
《コロナと向き合う (4)》免税や助成で救済を 県旅館ホテル生活衛生同業組合理事長・森田繁さん
 新型コロナウイルス感染拡大防止のための外出自粛要請や宿泊施設への休業要請...
 
《コロナと向き合う (3)》発熱外来増で安全担保 県医師会長・須藤英仁さん
 新型コロナウイルスの感染者増加に伴い、医療従事者が厳しい状況に置かれてい...
 
《コロナと向き合う (2)》企業存続へ感染阻止 県商工会議所連合会長・曽我孝之さん
 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、苦境に立たされている群馬県内の経済。休...
《コロナと向き合う (10)》中長期目線で再開準備 ザスパ社長・奈良知彦さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルスの感染拡大でプロスポーツチームも打撃を受けている。リーグ中断が続く、サッカーJ2ザスパクサツ群馬を運営するザスパの奈良知彦社長(65)は「最悪の状況を見据えて準備する」とし、中長期的な視点に立ったチーム運営の必要性を強調する。

―3月31日に選手1人の感染が判明した。
 クラブはJリーグのアドバイスを受け、基本的な感染防止策は取ってきた。体温が37度以上ある場合の報告を指示しており、今回感染した選手は発熱後、自宅待機とした。チームの濃厚接触者は計41人となったが、感染は広がらなかった。一歩間違えればクラスターとなっていたかもしれないだけに恐ろしい。感染した選手は入院中に聞いた医療従事者の声を会員制交流サイト(SNS)や取材を通じて呼び掛けた。一つの参考にしてほしい。

―2月末からJリーグが中断し、再開の見通しは立っていない。
 今後、無観客試合になるのか、残り試合が中止となるのか、先行きが見えずに危機感を持っている。最悪の状態を考えて手を打つ必要がある。Jリーグの支援策を視野に入れつつ、クラブとしてはグッズ販売や再開後のチケット販売など今季を乗り切るための目標を立てる。その上で来季以降を見据えた中長期的な視野を持つ。今こそ経営陣が社会の動きを捉えながら経営を進めなくてはならない。

―不況によるスポンサー離れも懸念される。
 スポンサー料は収入の多くを占めており、各社に現状の理解を求める必要がある。歴代のスポンサーはザスパを自社の広告のためだけに支援してきた訳ではない。プロクラブを地元の活力として誇りに感じ、スポーツを通じた社会貢献活動として捉えてくれたはず。経営に苦しむスポンサーに対し、我々ができることもある。SNSを使った支援策を模索しており、この苦境を共に乗り越えたいと考えている。

―再開を待つサポーターにメッセージを。
 なかなか交流ができないことに申し訳なさを感じる。練習は新型コロナの影響で2月から非公開が続き、見てもらうことが仕事の選手はうずうずしていると思う。サポーターとの距離が離れないようにしたい。昨年昇格した時のような喜びをもう一度、ホームの正田醤油スタジアム群馬で味わいたい。再会できる日を楽しみにしている。

 なら・ともひこ 前橋商高のサッカー部監督を27年務め、全国選手権に10度出場し、2度の4強進出を誇る。藤岡工高教頭、市前橋高の教頭と校長を歴任し、2018年から現職。東海大卒。前橋市。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事