ザスパ オンラインでトークショー 若手指導法を語り合う
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トークショーを行った前橋育英高の山田監督(上段左)、ザスパの奈良社長(同中)

 サッカーJ2ザスパクサツ群馬の奈良知彦社長や前橋育英高の山田耕介監督らが17日、オンラインでトークショーを行い、新型コロナウイルス感染防止対策で休止が続くチームの状況や指導法などを語り合った。山田監督は若手の指導者に向け「指導者が本気にならなければ選手が本気にならない」と心構えを説いた。

 奈良社長は長く前橋商高を率い、選手権2大会連続ベスト4など全国大会常連の強豪に育てた。山田監督は2009年度の全国高校総合体育大会(インターハイ)と17年度の選手権で全国優勝し、ザスパ会長に先月就任した。高校サッカー界の名将同士の配信を延べ1600人が視聴した。2人と親交のある熊本・大津高の平岡和徳監督も参加した。

 フリーライターの伊藤寿学さんが奈良社長の半生を描いた著書「乾坤一擲けんこんいってき」の出版記念。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事