「群馬の力 結集を」ザスパ山田新会長が抱負語る 育成に意欲
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
上毛新聞社を訪れたザスパクサツ群馬の奈良社長(右)と山田会長

 サッカーJ2ザスパクサツ群馬の山田耕介新会長と奈良知彦社長が27日、前橋市の上毛新聞社を訪れ、内山充社長に就任を報告した。山田会長はクラブの育成組織に携わる予定で「群馬の力を結集したい」と意欲を示した。

 山田会長は前橋育英高監督を兼任する。奈良社長は山田会長を招いた経緯について、「全国にサッカーの人脈がある人材を入れたかった。山田会長は適任」と紹介した。

 山田会長はザスパの育成組織、アカデミーで指導者らに助言を行い、実力底上げを図る。幅広い人脈を生かし、在学しながらJリーグに出場できる特別指定選手やトップチームの練習参加に、県内高校生を積極的に起用したい意向を示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事