サポーター 待望のスタンド観戦 サッカーJ2 ザスパは4連敗
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ザスパクサツ群馬―町田 前半、サポーターが見守る中、敵陣へ駆け上がるザスパの選手ら=正田醤油スタジアム群馬
ザスパクサツ群馬-町田 前半、ザスパのFW林(13)がヘディングでゴールを狙うも得点ならず=正田醤油スタジアム群馬
ボールパーソンとして試合中の選手に球を渡す群馬FCホワイトスターの選手

 サッカー明治安田J2は11日、各地で第4節を行い、群馬県のザスパクサツ群馬(前節22位)は前橋市の正田醤油スタジアム群馬で町田(同16位タイ)と対戦、決定機を生かせず0-1で敗れ、開幕4連敗を喫した。勝ち点0で最下位のまま。

▽第4節(1)正田醤油スタジアム群馬
町田 1勝3分け(6) 1(0-0)0 ザスパ 4敗(0)
           (1-0)
▽得点者【町】高江(1)
▽観衆 1065人


 Jリーグは新型コロナウイルス感染拡大の影響でリーグ再開後、無観客試合を続けていたが、ザスパはこの試合から観客の入場が解禁。スタジアムには1065人が訪れ、スタンドで「3密」を回避しながらもチームを後押しした。

 ザスパは前半、守備でリズムをつくり、高い位置でボールを奪ったFW中山雄登選手がゴール前まで進むが、相手に阻まれた。後半はGK清水慶記選手(前橋市出身)が好セーブを見せるものの、30分に失点した。

 奥野僚右監督は「甘さや未熟さが出た部分があったが、最後まで諦めずにチャンスに結び付けようとする姿は良かった。反省を踏まえてトレーニングしたい」と次節を見据えた。

 次節は15日午後7時から、山形県のNDソフトスタジアム山形で、山形と対戦する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事