大阪・香里ヌヴェール学院高 MF中田 来季ザスパ入り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ザスパクサツ群馬への入団会見を行った香里ヌヴェール学院高のMF中田(中央)、ザスパの松本強化本部長(左)、同校の植田監督=同校提供

 サッカーJ2のザスパクサツ群馬は8日、大阪・香里ヌヴェール学院高3年のMF中田湧大の来季加入が内定したと発表した。同日、同校からオンラインで記者会見した中田は「自分の特長は球際の強さや、攻撃のスイッチを入れるパス。チームのために戦うプレーを見てほしい」と意気込んだ。

◎ボランチ 球際に強さ
 会見は中田の他、同校の植田龍仁朗監督、ザスパの松本大樹強化本部長が出席。会見に先立ち、仮契約の締結式が行われた。今後、メディカルチェックなどを行って正式契約し、来季のチームに合流する予定。

 中田は183センチの大型ボランチ。状況判断と球の奪取能力に優れ、パスの精度も高い。松本強化本部長は今春から中田のプレーを映像や現地観戦で確認。8月頃から契約へ向けて話を進めたという。

 大学生相手の練習試合でも球際の強さを発揮しており、松本強化本部長は「元日本代表のMF長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)や青木拓矢(浦和、前橋育英高出身)のようなインパクトを受けた」という。「必ずザスパの力になる。ステップアップし、世界に行ける逸材」と太鼓判を押した。

 女子校だった同校は2017年に共学化。同年にサッカー部を創設し、現在は大阪府U-18リーグ2部に所属。中田は同校初のプロ入りとなる。元G大阪の植田氏が監督を務め、元鹿島の新井場徹氏がアドバイザーとして指導に加わっている。植田監督は「球際に絶対的な強さがある。ミドルシュートも狙える」と評価した。

 中田はまだ練習参加しておらず、映像で試合を観戦。ザスパの印象について、「攻撃的なスタイルが魅力。1年目から1試合でも多くの試合に出て、勝利に貢献したい」と目を輝かせた。同校は全国選手権大阪大会で勝ち上がっており、18日に5回戦で大阪桐蔭と対戦する。

 なかた・ゆうだい 2003年1月生まれ。大阪府出身。T・フジタSC枚方―蹉跎中。183センチ、73キロ。利き足は右。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事