新シーズン向け気持ちを新たに ザスパ関係者らが必勝祈願
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新シーズンの活躍を祈願したザスパの選手ら(ザスパ提供)

 サッカーJ2のザスパクサツ群馬は5日、前橋市大手町の前橋東照宮で必勝祈願を行い、奥野僚右監督ら選手、スタッフ計40人が新シーズンに向けて気持ちを新たにした。

 チームを運営するザスパの森統則むねのり社長と奥野監督、選手を代表してFW青木翔大が玉串を奉納した。終了後は境内に設置された巨大な絵馬に選手がサインを書き込んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事