ザスパ、5年ぶり開幕戦勝利 秋田に2-1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ザスパクサツ群馬―秋田 前半4分、ザスパのDF渡辺がヘディングで先制点を決める=正田醤油スタジアム群馬
ザスパクサツ群馬―秋田 後半38分、決勝ゴールを決め、駆けだすザスパのMF加藤(中央)=正田醤油スタジアム群馬

 サッカーの明治安田J2リーグ第1節は28日、前橋市の正田醤油スタジアム群馬などで行われ、ホームで今季初戦を迎えたザスパクサツ群馬は2-1で秋田を破った。開幕戦の白星は、2016年2月の岐阜戦以来5年ぶり。絶好のスタートを飾り、スタジアムに詰め掛けたサポーターの期待に応えた。

 奥野僚右監督2季目のザスパは前半4分、FW大前元紀のコーナーキックにDF渡辺広大が頭で合わせて先制点を挙げた。24分には秋田にゴールを許して同点で折り返したが、後半38分、相手ゴール前の密集のこぼれ球にMF加藤潤也が反応して再び勝ち越した。

 奥野監督は「立ち上がりに良いタイミングで先制できたが、相手のストロングポイントに苦しむ難しい試合だった。昨年はなかなかホームで勝てなかったのでうれしい」と話した。新加入選手が違和感なくチームに溶け込み、後半出場の選手が展開を変えるなど手応えを感じる内容だった。

J2に復帰して2年目の今季は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、例年の2倍の下位4チームがJ3に降格する厳しいシーズンとなる。
 次戦は7日午後1時から、神奈川・相模原ギオンスタジアムで相模原と対戦する。

▽第1節①正田醤油スタジアム群馬

ザスパ1勝  (3) 2/1―1/1 秋田1敗  (0)
             1―0

▽得点者【ザ】渡辺(1)加藤(1)【秋】斎藤(1)
▽観衆 3415人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事