ザスパ奥野監督を解任 成績不振で 後任に久藤HC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
就任会見に臨むザスパクサツ群馬の久藤監督と森社長、松本強化本部長(上から)
 
 

 サッカーJ2のザスパクサツ群馬は5日、昨季就任した奥野僚右監督(52)の解任を発表した。解任は4日付。後任には久藤清一ヘッドコーチ(47)を昇格させた。ザスパは今季前半戦を終えて4勝12敗5分けで降格圏に低迷しており、指揮官交代でチームを立て直したい考え。シーズン途中でザスパが監督を解任するのは初めて。

 ザスパは今季開幕戦で勝利したが、その後は負けが先行し、現在の順位は22チーム中20位。シーズンの折り返しとなる3日の千葉戦で3度目の3連敗を喫した。5日の記者会見に臨んだ松本大樹強化本部長は「連敗するチームでは厳しいと判断した」と解任理由を説明した。

 久藤新監督は兵庫県出身。Jリーグの磐田などでプレーした後、熊本や福岡でコーチを務めた。2019年途中から福岡監督に就任し、16位でJ2に残留させた実績がある。5日の会見では「ベースは変わらない。攻撃で自分の色を出したい」と抱負を述べた。7日に前橋市の正田醤油スタジアム群馬で順大と対戦する天皇杯3回戦から指揮を執る。
(金子雄飛)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事