「お疲れさま」 ザスパ・松下裕樹 契約満了にファン涙
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
北九州戦でシュートを放つ坪内=11月18日、前橋市の正田醤油スタジアム群馬

 J3ザスパクサツ群馬MF松下裕樹(37)=前橋育英高出身=が契約満了になったとのクラブの公式発表を受けて、7日午前、前橋市内で行われた練習には多くのファンが駆け付け、涙ながらに交流した。

 契約満了のリリースは、松下の誕生日でもある7日午前0時1分に出された。10年以上のファンという前橋市の介護福祉士、新井健太郎さん(33)は「松さんはザスパの歴史そのもの。言葉にならない。松さんのためにも、ザスパは来季必ずJ2に昇格してほしい」とし、8年前から応援している伊勢崎市の主婦、桜場諭美さん(45)は「強烈なミドルシュートが大好きだった。いなくなってしまうのは寂しく、今でも残ってほしい」と言葉を振り絞った。

 恩師からもねぎらいの声が上がった。前橋育英高サッカー部 の山田耕介監督は「松下が主将を務めた代は歴代 でも相当強かった。誰よりもサッカーが大好きな『サッカー小僧』だった」と話し、夜遅くなり「帰れ」と言うまで練習場 でボールを蹴っていた姿を今でも覚えているという。「群馬のために戦 ってくれてお疲れさま。まだまだ人生は続く。豊富な経験を生かし、群馬のサッカー界に貢献してほしい」とメッセージを送った。

 現役続行か、別の道を歩むかは不明。

◎坪内秀介ら6選手契約を満了…ザスパ

 J3ザスパクサツ群馬は7日、MF松下裕樹(37)=前橋育英高出身、DF坪内秀介(35)=同、GK常沢聡(33)=同、DF市川恵多(28)=前橋商高出身、DF阿部巧(27)、MF岡庭裕貴(23)の6選手との契約満了に伴い、来季の契約を更新しないことを発表した。

 坪内はJ1での169試合を含め、J通算284試合に出場。経験に基づく的確な読みとカバリングが武器の屈強なディフェンダー。2016年からザスパでプレーし、優しく、誰からも頼られる人柄で同年には主将を務めた。3年目となった今季は12試合に出場し、気迫あふれる献身的な守備でチームを後ろから支えた。

 高崎市出身。前橋育英高からJ1ヴィッセル神戸に加入し、6年過ごした。コンサドーレ札幌、大分トリニータ、大宮アルディージャ、アルビレックス新潟、ジュビロ磐田と、ビッグクラブを渡り歩き、故郷のザスパに加入した。J1で4得点、J2は103試合出場で3得点。J3は12試合出場で得点なし。

 坪内は「地元でプレーする機会を与えてくれたザスパに感謝しかない。熱い気持ちで群馬のために戦えたこと、同じ志を持った仲間に出会えたこと、どんなときでも応援してくれるサポーターの声援が自分の財産になった」とコメントした。

◎群馬出身 常沢と市川も…契約満了

 J3ザスパクサツ群馬が7日に発表した契約満了の6選手には、群馬県出身のGK常沢聡、DF市川恵多の名前もあった。

 常沢は藤岡市出身。前橋育英高から東京ヴェルディ1969を経て、2007―10年までザスパに在籍し、18年に復帰した。今季は天皇杯の1試合に出場。

 市川は藤岡市出身。前橋商高、東洋大からギラヴァンツ北九州に入団し、17年にザスパへ加入した。今季12試合出場0得点。

 DF阿部巧は東京都出身。FC東京、横浜FCなどを経て、17年にザスパに入った。今季21試合出場1得点。

 MF岡庭裕貴は東京都出身。大卒で17年にザスパに加わった。今季15試合出場0得点。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事