サンダーズ連勝止まる 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地区首位キープ

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は3日、各地で第24節を行い、東地区の群馬クレインサンダーズは松江市総合体育館で西地区の島根と戦い79―82で惜敗、連勝が5でストップした。通算33勝12敗で地区首位は変わらず。次節は9、10の両日、ヤマト市民体育館前橋で東地区2位の茨城と連戦する。

 試合は終始、一進一退の攻防となり、シュート成功率もほぼ互角だった。群馬は小淵雅、古牧昌也、佐藤文哉、アブドゥーラ・クウソーの4人が2桁得点を挙げるなど奮闘した。77―79の最終第4クオーター残り3秒はクウソーがジャンプショットを決めて同点に追いついた。

 しかし、残り1秒でファウルを犯し、島根に3本のフリースローを決められた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事