《Bリーグ2部》サンダーズが東地区優勝 2年ぶり2度目
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
B2東地区優勝を決め、喜ぶ群馬クレインサンダーズの選手=ヤマト市民体育館前橋
選手に大声援を送るブースター=ヤマト市民体育館前橋
B2東地区優勝を決め、喜ぶ群馬クレインサンダーズ=ヤマト市民体育館前橋

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は13日、各地で第31節を行った。東地区の優勝マジックナンバーを「1」としていた群馬クレインサンダーズは、ヤマト市民体育館前橋に地区2位の仙台を迎えたホーム戦を80―64で制し、2年ぶり2度目の地区優勝を決めた。

群馬 42勝15敗 80(15―26)64 仙台 37勝20敗
       (21―8)
       (22―20)
       (22―10)

(群馬はプレーオフ進出)

 今季最多2011人の観客が大声援で優勝を後押しした。試合後、佐藤文哉主将は「うまくいかないこともあったが、チームが徐々に一つになった」と今季の手応えを口にし、平岡富士貴ヘッドコーチは「たくさんのブースター(ファン)のおかげでホームゲームで優勝できた」と感謝した。

 サンダーズはB2王座を懸け、今月末に開幕するプレーオフに進む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事