オープンハウス、サンダーズ子会社化 「B1昇格目指す」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記者会見に臨んだ群馬プロバスケットボールコミッションの北川社長(左)と吉田取締役
「群馬を盛り上げたい」と話す荒井社長

 住宅販売などを手掛けるオープンハウス(東京都千代田区、荒井正昭社長)が、バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の群馬クレインサンダーズを運営する群馬プロバスケットボールコミッションを子会社化することが18日、同リーグ理事会で承認され、同コミッションの北川裕崇社長と吉田真太郎取締役(オープンハウス・ディベロップメント常務執行役員)が記者会見を行った。

 北川社長は「地域に根ざしたチームづくりを第一に考え、昨シーズン成し遂げられなかったB2制覇とB1昇格を目指す」と決意を述べた。チームの債務超過はオープンハウスからの増資によって解消し、今後は観客動員増に向けて営業人員を倍増するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事