サンダーズ 終盤失速 Bリーグ2部・群馬マスコミ3社マッチ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
白熱した試合が繰り広げられた「群馬マスコミ3社スペシャルマッチ」=ヤマト市民体育館前橋
群馬-奈良 第2クオーター、豪快なダンクシュートを決める群馬のクウソ-=ヤマト市民体育館前橋

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)第19節の群馬クレインサンダーズ―奈良戦が25日、上毛新聞社、群馬テレビ、エフエム群馬が協賛する「群馬マスコミ3社スペシャルマッチ」としてヤマト市民体育館前橋で開かれ、群馬は77―91で敗れた。前半からペースがつかめず苦しい展開となったが、ブースター(ファン)は最後まで大きな声援を送った。東地区首位の仙台は勝ったため、ゲーム差は2に広がった。

奈良16勝19敗 91(23―15)77 群馬23勝12敗
        (19―18)
        (20―29)
        (29―15)


◎奈良に敗れる
 群馬は前半、奈良の速いパス回しに翻弄ほんろうされて失点を重ね、攻撃ではミスが目立った。33―42で折り返した第3クオーターは堅守から攻撃につなげ、ロスコ・アレンがインサイドを陥れるなどして同点に追い付いた。しかし最終第4クオーター、好調な相手シューターに3点シュートを次々と沈められ、引き離された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事