サンダーズ拠点 太田市長が誘致意欲 クラブ側「いろいろ模索」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の群馬クレインサンダーズの活動拠点を巡り、太田市の清水聖義市長は14日、「(将来的に)太田市に来てくれると思っている」と誘致への意欲を示した。クラブ幹部は「ありがたい話。(移転は)決まっておらず、いろいろな可能性を模索している」と述べるにとどめた。

 クラブは前橋市が本拠地。発言は太田市内で行われた、Bリーグの島田慎二チェアマン、クラブの阿久沢毅社長とのパネルディスカッションの中で出た。

 クラブは、他の自治体とも連携しており、総合的に判断するとみられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事