サンダーズが好調 14連勝 Bリーグ2部 青森に100-75で快勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
群馬―青森 第3クオーター、群馬の野崎がシュートに向かう=ヤマト市民体育館前橋

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は5日、各地で第10節を行い、東地区首位の群馬クレインサンダーズはヤマト市民体育館前橋で東地区最下位・青森との3回戦を100-75で快勝し、連勝を14に伸ばした。通算16勝2敗。6日は同体育館で青森との4回戦に臨む。

群馬 16勝2敗 100(19-26)75 青森 1勝15敗
(27-20)
(31-16)
(23-13)


 【評】 群馬は前半、警戒していた相手の3点シュートを度々許すなど失点を重ねた。同点で迎えた後半は守備の強度を高めて主導権を握り、スチールや速攻などでみるみる差を広げた。SG野崎は得意のドライブで敵陣を割るなど、個人のシーズン最多となる20得点と気を吐いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事