サンダーズ逆転で19連勝 東京Zに89-74
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
群馬―東京Z 第2クオーター、群馬の山崎がシュートを決める=KAKINUMAアリーナ

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は19日、各地で第13節を行い、東地区首位の群馬クレインサンダーズは千代田町のKAKINUMAアリーナで東地区7位の東京Zとの1回戦を89-74で制し、チーム最多連勝記録を19に更新した。通算21勝2敗。20日は同アリーナで東京Zとの2回戦に臨む。

群馬21勝2敗 89/19―26/74 東京Z4勝19敗
         28―12
         21―17
         21―19


 【評】群馬は7点を追う第2クオーターに逆転した。SG山崎が3点シュート3本を沈めたほか、センターのキーナンやSFジョーンズがゴール下で得点。後半も山崎やSG古牧のミドルシュートなどで押し切った。一方、守備の不調や攻撃途中で球を奪われる場面も目立った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事