サンダーズ22連勝 B2最多タイ 山形に90-63
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山形―群馬 第3クオーター、ドリブルから攻め込んでシュートを決める群馬のパーカー=山形・山友エンジニア体育文化センター

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は27日、各地で年内最終戦となる第14節を行い、東地区首位の群馬クレインサンダーズは山形・三友エンジニア体育文化センターで東地区6位山形との4回戦を90-63で圧勝、チーム最多連勝記録を22に更新して2017-18年シーズンに秋田が樹立したB2記録に並んだ。通算24勝2敗。第15節は1月2、3の両日、ホームのヤマト市民体育館前橋で西地区4位西宮との3、4回戦に臨む。

群馬24勝2敗 90/29―17/63 山形10勝16敗
         24―6
         21―19
         16―21


 【評】群馬は前半53-23と山形を圧倒し、後半もリードを守った。第1クオーターの出だしは外国籍選手にミドルシュートを連続で決められるなど苦戦したが、15-15からSG山崎が3点シュートを決めて優位に立った。その後は素早いパス回しからPFパーカーがインサイドを崩すなど幅広く得点して突き放した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事