サンダーズ、B2記録更新の24連勝 西宮に98-81
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
群馬―西宮 第2クオーター、クウェリ(41)のスクリーンを使い、ドリブルで攻め込む笠井=ヤマト市民体育館前橋

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は3日、各地で第15節を行い、東地区首位の群馬クレインサンダーズはホームのヤマト市民体育館前橋で西地区4位西宮との4回戦を98-81で勝ち、B2最多連勝記録を24に更新した。通算26勝2敗。第16節は9、10の両日、建て替えられた桐生市民体育館(桐生ガススポーツセンター)のオープニングイベントとして行い、西地区1位佐賀との1、2回戦に臨む。

群馬26勝2敗 98/26―12/81 西宮13勝14敗
         25―18
         25―28
         22―23


 【評】群馬が前半に流れをつかんだ。守備の強度を高めて相手のミスを度々誘い、攻撃ではSG山崎の連続3点シュートやPG田原のドライブなどで加点、51-30で折り返した。第4クオーター残り5分で9点差まで詰められたが、センターのクウェリやPFパーカーらが勝負どころのリバウンドを死守するなど耐えて逃げ切った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事