6人2桁得点でサンダーズM5 熊本に93-65
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
熊本―群馬 第1クォーター、シュートを放つ群馬のトレイ・ジョーンズ=熊本県立総合体育館

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は13日、各地で第25節を行い、東地区首位の群馬クレインサンダーズは熊本県立総合体育館で西地区6位の熊本との1回戦に93-65で勝利し、連勝を7に伸ばした。通算42勝3敗で、東地区2位の越谷が敗れたため地区優勝のマジックナンバーは二つ減って5となった。14日は同体育館で熊本との2回戦に臨む。

群馬42勝3敗 93/30―16/65 熊本20勝26敗
         12―13
         26―15
         25―21

◎日本人選手が攻守に活躍

 ○…サンダーズは6人が2桁得点と躍動し、28点差で快勝した。PG/SG田原隆徳は3点シュート4本を投じて3本沈めるなど10得点。SG山崎稜も10得点するなど日本人選手が攻守に活躍し、7連勝に貢献した。

 リバウンドもチーム合計で50本獲得し、熊本の37本を大きく上回った。外国人選手が働き、PF/Cジャスティン・キーナンが11本、センターのブライアン・クウェリが10本と、それぞれ得点と合わせ「ダブルダブル」をマーク。チーム全体で2次攻撃を積極的に仕掛け、序盤に握った主導権を渡さなかった。

 マジックナンバーは5。14日の対熊本2回戦も制して勢いに乗り、次節ホーム(前橋)の対越谷2連戦、24日の初の高崎アリーナの対青森戦で地区優勝を大きくたぐり寄せたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事