コロナ濃厚接触 選手1人陽性でサンダーズ戦中止
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
試合の中止が決定し、ユニホームを受け取る来場者=高崎アリーナ

 「上毛新聞社スペシャルマッチ」として、24日に高崎アリーナで予定されていたバスケットボール男子Bリーグ2部(B2)第27節の群馬クレインサンダーズ―青森戦は、サンダーズが第26節(20、21日)に対戦した越谷に新型コロナウイルス陽性者が出たことなどから中止となった。また、26節に登録していたサンダーズの選手12人へのPCR検査の結果、選手1人の陽性が判明した。症状はなく、自宅待機している。残りの11人は陰性だった。

 越谷の選手1人が23日に陽性者と判明。リーグ独自の基準に照らし合わせ、サンダーズの選手が濃厚接触者と判断されることから24日午後、試合中止を決定した。連絡を受け、チームが独自にPCR検査を実施したところ、選手1人が陽性だった。今節の代替試合に加え、27、28日に前橋で予定されている第28節東京Z戦の実施については今後検討する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事