サンダーズ平岡HCが退団 小淵が引退 パーカー完全移籍
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の群馬クレインサンダーズは14日、5年にわたって指揮を執り、チームを1部昇格に導いた平岡富士貴ヘッドコーチ(HC)が契約満了により退団すると発表した。また、PFマイケル・パーカー(39)と2021-22年シーズンの選手契約(完全移籍)が基本合意に達し、bjリーグ時代の2013年からプレーするPG/SG小淵雅(37)=太田工高出身=の現役引退、自由交渉選手リストに掲示されていたPG/SG田原隆徳(27)の山形移籍も発表された。

 平岡HCは新潟などを経てBリーグが開幕した2016-17年シーズンからサンダーズを率い、3度の地区優勝を達成。プレーオフでは18-19年シーズンに準優勝を果たし、20-21年シーズンでは優勝を成し遂げて、1部昇格を決めていた。

 クラブを通じ、「サンダーズに関われたこと、皆さんとともに戦えたこと、最後に共に笑えたことは私の財産。また笑ってお会いできる日を楽しみにしている。ありがとうございました」などとコメントした。
(田中暁)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事