《Bリーグ2部》サンダーズ 最終戦完敗
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
群馬―広島 第2クオーター、シュートに向かう群馬の小淵=ヤマト市民体育館前橋

 バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は6日、各地で今季最終戦を行い、中地区3位が確定している群馬クレインサンダーズは前橋市のヤマト市民体育館前橋で広島との2戦目に臨み、72―105で敗れた。通算成績は32勝28敗でシーズンを終えた。中地区優勝は通算39勝21敗のFE名古屋に決まった。試合後、クラブを運営する群馬プロバスケットボールコミッションの宇留賀邦明社長は「1年間、サンダーズに関わっていただいた全ての皆さまありがとうございます。再び愛されるチームづくりを進め、いいメンバーをそろえて戦っていきたい」とあいさつした。

▽Bリーグ2部

広島33勝27敗 105(26―12)72 群馬32勝28敗
        (32―13)
        (18―14)
        (29―33)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事