「今季こそB1」 サンダーズ選手が来社に抱負
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今シーズンの活躍を誓い、内山社長(手前左)と握手する佐藤主将ら群馬クレインサンダーズの選手=上毛新聞社

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の群馬クレインサンダーズが26日、前橋市の上毛新聞社を訪れ、内山充社長に新シーズンの抱負を語った。

 新主将の佐藤文哉は「昨シーズンになし得なかったB1に行く目標は変わっていない。チームの状態はいいので、早く開幕を迎えたい」と決意を口にし、加入4年目のトーマス・ケネディは「とにかくチームで団結してB1に行きたい」と意気込んだ。

◎サンダーズ開幕戦で丸山さんトークとバスケ体験教室

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の群馬クレインサンダーズの開幕戦に合わせ、さまざまなスポーツイベントを楽しめる「スポキッズ」が29、30の両日、前橋市のヤマト市民体育館前橋で初開催される。元サッカー女子日本代表の丸山桂里奈さんによるトークショー(30日)をはじめ、3人制バスケットボール体験教室、ミニ四駆レースなど盛りだくさんの内容。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事